FC2ブログ

バス釣り東海

ブラックバスの釣場情報、攻略、最新ニュースを配信しています。

管理人のプロフィール



basu

バサー☆ジュンです。
バスフィッシングが大好きで、特に東海エリアでバス釣りをしています。

当ブログは、バスフィッシングに関する情報、釣果、釣り場等を配信しています。
相互リンクもお気軽にお申し付けください! 下記のメールフォームからお願いします。

スマホ・携帯でも見れます

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
6475位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り
296位
アクセスランキングを見る>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
また残念ながら外来魚の駆除のニュースです、、

廃品などで作った「人工産卵装置」を活用して特定外来生物のブラックバス(オオクチバス)を駆除する試みが、鏡野町の苫田ダムで効果をあげているそうです。

駆除が成功して生息数減につながったダム湖は全国でまれだといい、国土交通省中国地方整備局は「先駆的な駆除方法が奏功し、生息数抑制に展望が開けた」と胸を張っているという。

調査した同整備局は、産卵に適した砂地が少ない人工湖ならではの地形に着目。駆除のため、人工の産卵床を製作することを思いついた。ホームセンターなどで販売している人工芝(縦60センチ、横45センチで約300円)を「床」とし、金属網(同約100円)の「おもり」を組み合わせたうえで、水中に浮かせる「浮き」として廃品のペットボトルを使用する“省エネ装置”を21年から導入した。

100万円もかけてやることでしょうか?
なにもかもブラックバスの責任にしてしまうことも問題ですね。
関連記事

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。