FC2ブログ

バス釣り東海

ブラックバスの釣場情報、攻略、最新ニュースを配信しています。

管理人のプロフィール



basu

バサー☆ジュンです。
バスフィッシングが大好きで、特に東海エリアでバス釣りをしています。

当ブログは、バスフィッシングに関する情報、釣果、釣り場等を配信しています。
相互リンクもお気軽にお申し付けください! 下記のメールフォームからお願いします。

スマホ・携帯でも見れます

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
6475位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り
296位
アクセスランキングを見る>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もしよければ応援クリックお願いします!

FC2Blog Ranking





春バスを釣るのポイントは、スポーニングを意識したバスに対する横の動きですね。だから、ダウンショットやるよりも、 キャロライナやスプリットの方が明らかに釣れます(サイズも良いです)。

ハードルアーの場合は、きちんと見せて釣るのがポイントなので、 サスペンドシャッドの、移動距離を抑えたトゥイッチングで、ポーズを長めにとることですね。

あと、色的にゆうと、 時間帯や水質などによって少々変わりますが、赤系をメインにすると良いでしょう。

でも、地方や高度の違いによって、 スポーニングの時期は、大きく異なるので、一概に上記が正しいとは言えませんが、自信はあります。

ぜひ春バスを釣ってみょう!!
スポンサーサイト
今回はミノーテクニックを紹介します。

ポンプリトリーブ。ズル引き。トゥイッチ。ジャーキング。といろいろな動かし方があります。
状況によって対応しなければならない。
ラインスラッグの活用をする。ラインテンションのオン、オフをうまく活用するのがポイントですね。

サスペンドミノー
サスペンドミノーが釣れる水温は5度からと一般的に言われている。
僕の経験から言うと1番釣れる水温は9度。この水温時デカイのがよく釣れる。
数は釣れないが必ず40cm以上であるのは間違いない!!

ミノーは春だけのルアーではない!!
夏、トップで出ない時ミノーでよく釣れる。また秋もよく釣れる。
夏のミノー使い方は早引き。
極端な話状況にはよるが止める必要はない。

このテクニックを使って釣ってみよう!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。