FC2ブログ

バス釣り東海

ブラックバスの釣場情報、攻略、最新ニュースを配信しています。

管理人のプロフィール



basu

バサー☆ジュンです。
バスフィッシングが大好きで、特に東海エリアでバス釣りをしています。

当ブログは、バスフィッシングに関する情報、釣果、釣り場等を配信しています。
相互リンクもお気軽にお申し付けください! 下記のメールフォームからお願いします。

スマホ・携帯でも見れます

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
5018位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り
243位
アクセスランキングを見る>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冬は寒い…バスだって寒い……。水温が15℃を下回る頃からバスの活性が落ち始め、7℃を下回ると完全に冬の釣りになります。

水中にはこたつも無ければヒーターも無い。唯一めぐり合えるあたたかいものといえば、湧き水と日光だけ…。
スポンサーサイト
水温が低下し新陳代謝が落ちたバスはあまり多くのエサを必要としません。よって冬のバス釣りは、食欲に訴える釣り方に加えてリアクションバイトを狙う釣り方の有効性が相対的に目立つようになります。

メタルジグが冬に有効だといわれる所以はここにあります。ツンツンと登っていったメタルジグがヒラヒラと不規則な動きをしながらフォールします。

この不規則な動きがバスのリアクションバイトを誘います。

ソフトルアーを使用する場合も、たとえばボトムバンピングをする時、シェイキングなどでバスに注目させておいて、しばらく静止させた後で突然ピョンッとさせると、バスは反射的にパクッとしてくれます。
気温が15℃を下回ったら初心者にはバス釣りはかなり厳しい。
まずはこれを頭に叩き込んでおいて下さい。

寒い、釣れないという状況だと面白くない。
だから思い切って冬はやらない。

これもある意味正解だと思っておいて下さい。


いきなりテンションを下げるような出だしで申し訳ないです。。
けど本当に冬にバスを釣るってのは厳しいんです。




では、本題に入りましてまずは[冬のバスはどんな状態か?]


バスは環境の温度により自分の体温が変化する生き物ですので
冬の場合は生死境目状態です。


活性てやつです。
つまりやる気ゼロ。喰いっ気ゼロ。
3連休の3日目みたいな状態です。
「え~明日から会社かよ~。」みたいな。やる気ゼロ。

血液の流れるスピードが遅くなるとでも思って下さい。
つまり細胞や脳みそに酸素が届くのが遅くなる。
消化が遅くなる。
反応が遅くなる。
動かなくなる。
たくさんの酸素、食料を必要としない。
つまり釣るのが難しいってことですね。



次に[じゃあバスは何処に居る?]
ってことですが、ぱっつり2通りに分かれます。


1つ目はディープです。
何故なら水温の変化が少ないから。

ディープでも
日当たりのよいワンド内のフラットエリアや
湧き水が出ているところなど暖かい条件が多いところです。
そこにバスが溜まります。
冬に釣れるバスは大きいといわれていますが、みなさんの調子はどうですか??

寒さが厳しいですが、今回はバスの冬パターンについて簡単に話します。

この時期はバス、人間ともに最も活性が落ちる季節です。
タフコンディション(バスの活性が著しく低下している状態)で、目の前を通ったえさを捕食する程度。

バイトしてきてもショートバイト(小さいあたり)が多く、フックキングが非常にしずらい。

メタルジグなどをバスの目の前に落としてリフト&フォールで誘うと効果的です。

スピナーベイトやクランクベイトなどを通しても最後まで追わない可能性が高いのでほとんど無意味。

ハードルアーでダメならソフトルアーのノーシンカーリグやダウンショットリグなど「スロー」な釣りをバスの目の前でアピールさせるといいと思います。

とりあえず、バスがどうこうよりまず人間の行動力が問題(笑)。

寒さに負けずがんばりましょうね♪



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。