FC2ブログ

バス釣り東海

ブラックバスの釣場情報、攻略、最新ニュースを配信しています。

管理人のプロフィール



basu

バサー☆ジュンです。
バスフィッシングが大好きで、特に東海エリアでバス釣りをしています。

当ブログは、バスフィッシングに関する情報、釣果、釣り場等を配信しています。
相互リンクもお気軽にお申し付けください! 下記のメールフォームからお願いします。

スマホ・携帯でも見れます

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
5018位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り
243位
アクセスランキングを見る>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏のバス釣りはサーモクライン(温度躍層・水温躍層)を攻めることで釣果が変わります。
魚群探知機(魚探・デプスファインダー)が力を発揮してくれます。

魚群探知機とは

そもそも、サーモクライン(温度躍層・水温躍層)とは?

温度の高い水は温度の低い水よりも軽くなります(4℃で最高密度、それ以上では水温に比例して密度が低下)。 つまり、暖かい水は表層に、冷たい水は深層に集まります。

夏は気温が高いため、表層の水温は深層の水温よりも高い状態を維持します。
よって夏の湖は表層が高温、深層が低温で安定します。

このように水温別に形成された層を水温成層といい、この状態が安定している時期(夏)を停滞期・成層安定期などとよびます。

それに対して、ターンオーバーのように表層と底層の間で水の混合が起こる時期を循環期とよびます。

夏の晴天時、太陽が直接照りつける水面付近の水温は30℃前後まで上がります。
その一方で、太陽光の影響を受けにくい深層の水温は上がりません。

その結果、水面付近は30℃近い高温、深層はそれとは逆に低温のままという現象が起こります。

水面付近は太陽によって熱せられていますが、ディープエリアは非常に低い温度になっています。
この温かい水と冷たい水の境界の層のことをサーモクライン(温度躍層・水温躍層)といいます。

水と油を混ぜた時のように、暖かい水と冷たい水がくっきりと分かれ、これがあるうちは上下二層の水は混ざり合いません。

ここでさらに、水温だけでなく溶存酸素量にも注目してみます。
水温の低い深層は太陽の光が届き難い場所です。つまりプランクトンによる光合成が行われにくいということです。

さらに、水温の高い表層は風の影響などで水がかき回されますが、深層は風の影響も受けないため酸素の供給が乏しくなっています。

さらにさらに、底層ではプランクトンや魚などの死骸を分解するために酸素が大量に消費されており、酸素の供給が少ないのみならず消費量も多くなっています。
これがターンオーバーと言われる現象ですね。

つまり、サーモクラインよりもずっと下の層は酸素のない苦しい状態なわけです。
スポンサーサイト
まずは夏の水中の特徴をおさえましょう。
単純にいってしまうと、夏の水中は、

 ・暑い
 ・臭い
 ・酸素がない

という状態です。これらはすべて魚にとって悪条件です。したがって、魚はこれらを避けるように行動します。
いきなりですが、夏バスを釣るために注目するべきものは、なんだと思いますか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。