FC2ブログ

バス釣り東海

ブラックバスの釣場情報、攻略、最新ニュースを配信しています。

管理人のプロフィール



basu

バサー☆ジュンです。
バスフィッシングが大好きで、特に東海エリアでバス釣りをしています。

当ブログは、バスフィッシングに関する情報、釣果、釣り場等を配信しています。
相互リンクもお気軽にお申し付けください! 下記のメールフォームからお願いします。

スマホ・携帯でも見れます

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
5018位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り
243位
アクセスランキングを見る>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Rapala Sight Gear SP Series

もしよければ応援クリックお願いします!

FC2Blog Ranking




さて、今回紹介するのはこちら!

Rapala(ラパラ) Sight Gear SP Series
Rapala(
ラパラ) Sight Gear SP Series
フィット感抜群のアスリート系デザイン。

軽い付け心地が気に入ってます。
頭への締め付け感を嫌がる方は、このサイトギア SPシリーズを選ぶのがベター。



サイトギア SPシリーズは全5色で展開中です。

t02200165_0640048012047966875.jpg

シーンにあわせてフレームカラーをchoiceするのもありかもですねー。

どうですか?

ラパラの偏光グラス "サイトギア"。
ラパラ サイトギア
店頭で見かけたら、是非 ご試着ください!


スポンサーサイト
サイトマスター(Sight Master) ガルフ
サイトマスター(Sight Master) ガルフ

より多くのアングラーに掛けていただけるよう、できるだけコストパフォーマンスを意識したインジェクションモデル。コストパフォーマンスモデルとはいえ、遮光性を十分に考えたデザインで、実用性に関しては十分なスペックです。6カーブ、片面または両面マルチレンズです。サイトフィッシングにもってこいの商品ですね!
zeal optics(ジールオプティクス) BLANCO(ブランコ)
zeal optics(ジールオプティクス) BLANCO(ブランコ)


日光が強いは、特にサングラスが重宝しますよ!湖面に照り返しなどで目に悪い影響を及びます。
そこでこのZEALのサングラスがおすすめですね♪


チタニウムで作られてるので、非常に軽い!そしてかっこいい!
普段かけるのも悪くないデザインです。
年末から欠品が続いていた「09アルデバランMG」「09アルデバランMG7」「スコーピオンXT 1500」「スコーピオンXT 1501」が販売開始になりました!

シマノ(SHIMANO) 09アルデバランMG
シマノ(SHIMANO) 09アルデバランMG






基本仕様はこちら↓
●ギア比:5.8
●ハンドル長:40mm
●最大ドラグ力:44.1N/4.5kg
●糸巻量(ナイロン):3号~100m、3.5号~90m、4号~80m、5号~65m
●最大巻上長:58cm/ハンドル1回転
●寸法:径32mm/22幅mm
●ベアリング数S(A-RB/ローラー):8/1
●自重:155g
●本体は超防錆表面処理した軽量マグネシウム合金
●超々ジュラルミンを採用した精密バランス軽量マグナムライトスプール。スプールエッジを極限まで削り込み、さらに全体を薄肉化することで慣性力を低減
●スーパーフリースプール
●小型・軽量のSVS(可変遠心力ブレーキ)
●コンパクト、フラッシュサーフェスデザイン
●スーパーストッパーII
●ローラーベアリング1個と8個のS A-RBグリスレスベアリング
●ワンタッチでのブレーキ調整、スプール脱着を可能にするクイックフリップオープン機構
●テーパードレベルワインド
●0.35mmピッチの精密キャストコントロールつまみ
●アルミプレス40mmハンドル(Mgに採用。Mg7は42mm)
●スペアブレーキブロック(大6個、標準6個)
●グリスレスベアリング専用特殊チューニングオイル付


一番の特徴は、シマノのバス用ベイトリールでは最軽量の155g! 軽いですねー♪
  • 今年の冬にもってこいの注目のスノーシューはこれだ!

MSR Lightning Ascent ライトニングアッセント
MSR Lightning Ascent ライトニングアッセント





以前のモデル(2007)に対して2008モデルの変更点は
●ビンディングの変更 (甲ベルトを2本から3本に変更 よりブーツの固定力がアップ)
●ヒールリフターの高さ変更 (2007年モデルより1/2インチ(約1.25cm)低くなり使用の幅が広がる)
●デッキの補強 (ヒール部分のデッキを2重にする事によりデッキ強度アップ)

スノーシューも結構なお値段ですので、比較的平坦な場所だけでスノーシューイングするのであればヒールリフタが無くても問題ありませんが、登坂の多い場所に出掛けるのであれば必ずヒールリフタ付きをお勧めします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。