FC2ブログ

バス釣り東海

ブラックバスの釣場情報、攻略、最新ニュースを配信しています。

管理人のプロフィール



basu

バサー☆ジュンです。
バスフィッシングが大好きで、特に東海エリアでバス釣りをしています。

当ブログは、バスフィッシングに関する情報、釣果、釣り場等を配信しています。
相互リンクもお気軽にお申し付けください! 下記のメールフォームからお願いします。

スマホ・携帯でも見れます

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
5018位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り
243位
アクセスランキングを見る>>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • シマノ スポーツカメラ先行予約開始!

フィッシングショーOSAKAが賑わっていますね!
フィッシングショーOSAKA

この会場で注目されてるカメラアイテムがあります!
それがコチラ!
今話題のウェアラブルカメラがシマノからデビュー。
シマノ(SHIMANO) スポーツカメラ
シマノ(SHIMANO) スポーツカメラ

釣った瞬間の映像がこれで分かる!!シマノ注目の最新アイテム!






特長は水中撮影10m防水までOKライブ感あふれる手元の映像を撮ることができます。
また、広い視野角でワイドに取れる為ポイントの状況などもしっかり収めることができます。
86gととても軽量に仕上がったカメラで身につけていても邪魔になりません。女性におすすめ!

しかも、スマートフォンで操作できるWi-Fi対応で撮影後の映像がスマートフォンで確認が行えます。
このスポーツカメラで撮った映像は6月ごろに配信される専用アプリで編集が可能になります。

フィールドでの記憶をしっかり収める【シマノ スポーツカメラ】
より詳しい内容については専用Webサイトでご確認下さい⇨シマノ スポーツカメラ公式サイト

シマノ(SHIMANO) スポーツカメラ
シマノ(SHIMANO) スポーツカメラ



スポンサーサイト
  • フィッシングショーOSAKA2014

始まりました!
大阪市住之江区のインテックス大阪で8、9の両日開かれる釣りの一大イベント「フィッシングショーOSAKA2014」を前に7日、153社・760ブースが会場内に設けられました。

リールやロッド、ルアー、ボートなどがずらり並び、各社の最新製品などが見られます。
今年はマス釣り体験や福袋釣り、海上釣り堀・海釣り公園紹介コーナーなども用意されています。
入場料1200円です!

フィッシングショーOSAKA2014
  • メガバス(Megabass)の人気のワーム

メガバス(Megabass)の人気のワームにサイズが新しく追加されました!

【 DOT CRAWLER(ドットクローラー) 】 の使い方については下記の動画にてご確認ください!


<特長>
「獲る為に、どうしても必要なワームがある」。ビッグバスハンター中村哲也氏が、メガバスファクトリーに開発を依頼したのがドットクロウラーです。基本コンセプトとして求めたのは、圧倒的なボリュームによる水中での存在感。

何とも言えない有機的な存在感は、置いておくだけでも「獲れる」要素が凝縮されています。

マテリアルは、幾度にも渡るテストを経て、ソルト含有率と、柔らかすぎず硬すぎずない「硬度」「比重」をベストセッティング。ノーシンカーでの水平フォールはもちろんの事、ネコリグ等の着底後の倒れ込みや、シェイク時のバルキーなアクションは逸品。

テキサスリグでのズル引き、ボトムでの放置や転がしにも、圧倒的存在感でアピールします。

また、全60個あるフックポイントホールは、オフセットフックのセッティング目安としてはもちろんの事、ネコリグやワッキーセッティングでは、使用ホールごとにアクションが変化。

ボディの不自然なテカリを無くした「粗挽きフィニッシュ」が、躊躇なく口を使わせます。


メガバス(Megabass) DOT CRAWLER(ドットクローラー)
メガバス(Megabass) DOT CRAWLER(ドットクローラー)
  • 山梨・河口湖の水位が大幅低下!

富士五湖の1つ山梨県の河口湖の水位が今、大幅に低下しているようです・・。

河口湖


河口湖の水面に浮かんでいるはずの六角堂が・・・。


今は、湖畔から六角堂まで陸続きになってしまっている。
河口湖02

地元の人は、「普通とは違う。全然減水しています」、「今、1メートルくらい、(水位が)減っていますね」などと語っています。
普段に比べて、1メートルも水位が下がっていると話す住民。




河口湖の水位が大幅に低下した原因について、笠原名誉教授は「現在、富士山の北北西の方で、微動や傾斜変動があるんですが。

例えば、河口湖の湖底に割れ目が入り、水が(地下に)流れることがあるかもしれないが、傾斜変動や微動が直接、河口湖の湖面の低下に関係があるともないともはっきり言えない」と語っています。


今後の富士山の状況が気になるところですね・・・。
 あけましておめでとうございます!
2013年も、よろしくお願いします!


さてことし世界文化遺産の登録を目指している富士山では、山頂から太陽が昇る「ダイヤモンド富士」の初日の出を見ようと、ふもとの山梨県富士河口湖町に大勢の人たちが訪れました。

富士山の北西のふもと、富士河口湖町のキャンプ場には、夜明け前からおよそ450人のアマチュアカメラマンや観光客が集まりました。


1日朝の富士河口湖町は氷点下7度8分と、平年を2度5分下回る厳しい寒さとなり、集まった人たちは体を動かしたり温かい飲み物を口にしたりしながら初日の出を待っていました。

そして、午前7時前に富士山のりょう線がオレンジ色に染まり始めると、午前8時ごろに富士山の山頂から太陽が顔を出し始めました。


1日朝は富士山の周辺の空に薄い雲が広がったため、「ダイヤモンド富士」の初日の出は少し柔らかな光で、訪れた人たちが歓声をあげて一斉にカメラのシャッターを切っていました。


町内の50代の女性は「1年に1度、これを見ないと新しい年が始まりません。ことしの365日がすべてよい日であってほしいと思います」と話していました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。